既に実用化?ロボットタクシー

自動運転で車が街中を走る。少し前までそんなことは遠い未来の話だと思っていたのではないでしょうか。現在、自動運転の開発は各メーカーが競いながら、あらたなる車の搭載機能として研究を重ねています。
ロボットタクシーもまた、実現に向け開発がすすめられている一つなのです。

ロボットタクシーとは

インターネットサービスの分野において、多くの事業を展開してきたDeNAがZMPと共同開発を進めている自動運転機能を搭載したタクシーです。
現在、まだ実現されてはいませんが、2020年の東京オリンピックでの走行実現のために、日々研究がおこなわれています。

ロボットタクシーの利便性

自動運転の利点は、人の状況に関わりなく運転が行われるということです。
疲労による判断の低下や、急病による運転への支障と関係なく、安全に目的地へ運んでくれます。
また現在問題視されている、高齢化社会や過疎化においても新たな交通の手段として利用が見込まれています。
子供や障害のある方、海外の方の移動手段としても便利に活用ができるなど、多くの利便性があるのです。

ロボットタクシーの公道実証実験

2016年2月9日から神奈川県藤沢市で、内閣府主導のもと「完全自動走行に向けた国家戦略特区プロジェクト」の一環として、実証実験が実施されました。
この実証実験は一般の利用者が実際に乗車できるという非常に珍しいもので、およそ約2.4kmの区間の公道を有人で走行し、せまい道や一部道路は人間が運転するような形で実際に運転がおこなわれました。

ロボットタクシーまとめ

2020年は、ほんのすぐそこまで来ています。
まだ子供の飛び出しや、万が一の事態の対処など重要な課題が多く残っていますが、実現は見えてきています。
実現すれば、今まで行けなかったところへ気軽に行けるようになったり、不便だったことが自由になったり、多くの人の可能性が広がっていきます。
不慮の事故を防ぐだけではなく、人のライフスタイルも充実させてくれる、そんなロボットタクシーの走行が、当たり前のように街中でみられる日も近いのかもしれません。

ヒト型自律ライディングロボットMOTOBOT

近年、各メーカーは車などの自動運転技術の開発に力を入れています。
車のCMでも、自動運転機能やアシストについて重点を置いたCMを見るようになりました。
今回は、自動運転の中でもMOTOBOTについてご案内します。

MOTOBOTとは

ヤマハが開発を進めているモーターサイクルの自動運転ができる、ヒト型自律ライディングロボットです。
ライディングロボットというのは、モーターサイクル自体には手を加えておらず、搭乗するロボットの方が自動で操縦をする仕組みになっています。
ロボットがヒト型をしていることもあり、まさにその姿は技術の進歩が進んでいることを感じさせます。

MOTOBOTは何ができるの?

モーターサイクルの運転を目的に開発されたので、現在はモーターサイクルの運転のみになりますが、注目部分は、運転においてスピードやエンジン回転数・姿勢などの情報をもとに、自分で判断をして運転操作しているということです。
今後、技術を追加すべく、現在開発の途中になりますので、さらなる進化をとげるのは間違いありません。
また、その技術を応用していけば、マリンジェットやスノーモービルなどの自動運転へ展開されるのではないかと期待されています。

MOTOBOTの目標

2017年には、サーキットで時速200kmを超える走行を目指して、プロジェクトが進行しています。
さらに、「史上最強のライダー」との呼び声も高いバレンティーノ・ロッシのサーキットにおけるラップタイムに挑むという果てしない目標をかかげており、その挑戦は、あらたなる製品の展開や価値観創造につながっていくのです。

MOTOBOTまとめ

MOTOBOTはモーターサイクルの自動運転のために作られていますが、その技術や情熱が今後、私たちの生活に関わる新たなる製品につながっていくのです。
人が便利で安全に生活できるように、それぞれの企業は日々研究開発を重ねています。
現在では想像できないようなことが、近い未来に当たり前になっていく、そう考えるとこれからどんなものが、どのように進化にしていくのかが楽しみですね。

自動車×ロボット RoboCar

車が自動運転で走る。そんなのは、ずっと先の未来の話だとおもっていませんか。
近年、CMなどでも車の自動運転の機能の搭載などを紹介したCMが多くみうけられます。
まだあまり身近なものではありませんが、今後、あたりまえのように車が自動運転で走る時代がやってくるのかもしれません。

自動車×ロボット RoboCarってなに?

自動車×ロボット RoboCarとは、株式会社ZMPが開発した車の自動走行機能を搭載した
車になります。
2011年に人を乗せて走ることが可能な一人乗りのRoboCar MVを販売し始め、さらに2012年乗用車のトヨタプリウスをベースにしたRobo car HVを販売しました。
そして、2013年の第43回東京モーターショーにおいて、自動運転のデモ走行の一般公開や試乗体験が実施されました。

車の自動走行の開発プラットフォーム

株式会社ZMPがおこなっている、車の自動走行の開発プラットフォームは、ミニチュアカーから始め、地道な実験を重ねることにより、必要な多くの技術を取得し、自動車の最先端分野に参入をしたのです。
また、開発支援パッケージにおいても、同じような経緯や実験をたどることにより、開発を段階的に進めることが可能になり、より効率的な実験や成果が期待されます。

Robo Car MV2について

Robo Car MV2はZMPのオリジナル制御コントローラ、自動操舵システム、自動ブレーキシステムを搭載していて、コンピュータによって、ステアリング、アクセル、ブレーキを制御可能とした実験用の超小型電気自動車になります。

Robo Carまとめ

車の自動走行が当たり前になったら、どんな便利なことがあるでしょうか。
車の事故の減少はもちろん、これからの高齢化社会においても重要になってくるかもしれません。また、可能性として多くのことが期待されることでしょう。
車を運転する人にとっても、歩行者にとっても、より安全で便利に車を使用できる未来がすぐそこまで来ているようです。

まさに未来の移動手段セグウェイ

セグウェイは最近テレビのニュースや番組でよく見かけますよね。
近年、セグウェイは公道でも乗れるようになったんです。
そんな注目のセグウェイについてご紹介します。

セグウェイってどんな乗り物?

セグウエィとは、電動式の立ち乗りの二輪車になります。
体重移動により、走ったり方向転換ができます。
時速は19kmもでるので、移動手段としても便利な乗り物です。
ただ、一般道を走っている姿などは、見うけられないですよね。
主には、広い工場やゴルフ場などの私有地で使用されることが多いようです。

公道で走るにはどうすればいいの?

セグウェイを公道で走るにはいくつかの条件があります。
まずは、安全面の考慮として誘導員を配置しないといけません。なので、一人では乗れないわけですね。
そして、道路許可書が必要になります。ということは、あらかじめ警察署にいって許可をとるということになるため、走れる場所も限られます。
ほかにも、小型特殊自動車か、原動機付き自動車の免許が必要になります。

移動手段として以外の利用法は?

現在、公園や私有地などで乗ることが、一般的には多いセグウェイですが、注目される利点として、身障者や体の不自由な人にとって、便利な乗り物になる可能性もあるという部分が注目されています。
また、オープンな乗り物なのでコミュニケーションをとりながら、乗ることができるので、工場やゴルフ場でも活躍をしているのです。
今後、多くの場所で乗ることができるようになれば、様々なシーンで活躍してくれることは間違いあるません。
未来の移動手段としてや、便利な乗り物として身近なものになっていくでしょう。

セグウェイまとめ

自転車や原動機付き自転車に比べて、速度も遅く、手軽なものではないかもしれませんが、セグウェイには数多くの利点と可能性を秘めています。
公道でセグウェイを走らせる姿が一般的になる日も、近いのかもしれません。